0

日本語の変化

日本語の変化

マイナビニュースの連載コラム「外国人から見た日本」に「外国人が、おもしろいと思う日本語」という記事がありました。

言葉というのは日々変化しているものだから、私が10~20代前半くらいに流行っていた言葉も理解不能なものが多かったです。

でも、いつの頃からか、元々あった言葉の意味そのものが変化してしまう事態に発展していました。

普段は何気なく使っている言葉でも、いざ小さい子供に教えなければならないと思うと「これって正しいのだろうか?」と考えてしまうことがあります。

自分ではおかしいと思わなくても、子どもが発する言葉を聞いてものすごく違和感を覚えることがあるのです。

それは、やはり間違った使い方を自分達がしているから、ふとおかしい感覚に陥るのではないかなと思ってしまいます。

・全然いいよ

この否定+肯定=肯定という図式が出来るようになったのはいつ頃なのでしょうか?

もうかれこれ長い間この言葉を耳にしている気がします。

最初はものすごく違和感があったのですが、最近ではこれが正しいのではないかと思ってしまうくらい普通に使われています。

さすがにアナウンサーは使いませんが、芸能人が当たり前のようにテレビで使うので、おかしいともなんとも思わなくなってしまいました。

でも、やっぱり全然という言葉に繋がる言葉は否定文じゃないとおかしいです。

子どもが話すと非常に違和感を覚えますから。

誰が使い始めたのでしょうね?

・マジで

これは旦那との会話ではしょっちゅう飛び交います。

さすがに公の場では使わない言葉ですが、この言葉も長い間使われている気がしますね。

最近、姪っ子が母親(妹)の言葉を真似して、何に対しても「ホント?」と聞き返すようになりました。

妹が苦笑いしていましたし、私も非常に違和感を覚えました。

この「ホント?」が「マジで?」という言葉の大元なのだから、やはり「マジで?」を多用するのはおかしいですね(笑)。

・そうですね/ちょっと/どうも

日本語には便利な言葉が沢山あります。

自分の意見を伝える時だけではなく、一語で意味が通じてしまう言葉が沢山存在します。

元々はこれ自体に意味は含まれているのに、関係ない場面でも日本人同士なら通じてしまうのです。

「どうも」なんて非常に便利ですよね!

いけないと思いつつもつい使ってしまう言葉です。

・方言

これは日本に限ったことではないのだと思いますが、方言は本当に面白いです。

同じ言葉なのに全く別の意味を持つ場合もありますからね。

狭いとは言え、日本も広いのだなと思ってしまう瞬間です。

どうでしたか?

恐らく、大昔の日本人がこの言葉を知ったら、頭の中が“?”でいっぱいになるでしょう。

日本語の変化は日々加速していますから、あと10年くらいしたらついていけないような気がします。

クラブチャティオ

一生独身を意識する時

独身ではありませんが、gooランキングの「『このまま独身でいいかも』と思う瞬間」に共感してしまったので取り上げてみます。

本当に身に覚えがあるので、読んでいて1人で笑ってしまいました(笑)。

1位:一人が楽だと実感する時

ダントツでしたよ!

女性も男性並みに働く世の中になりましたからね。

家に帰って誰かがいると疲れてしまうと思うのでしょう。

私は若い頃からおひとり様行動が多かったので、常に楽だと思っていました。

彼氏がいても絶対に1人の時間は作っていましたから。

一緒にいたい気持ちと鬱陶しいと思う気持ちが両方あり、鬱陶しいと思う気持ちが勝った時は「独身でいいや」と思っていました。

2位:長い間恋人ができない時

最長でどれくらいいなかったかしら?

3年が一番長かったかもしれません。

でも、精神的にもダウンしていたので、結婚がどうのとか考える余地もありませんでした。

恋愛をする気力もなく、生きることに精一杯だったので…。

3位:趣味に没頭している時

これは今もですが、常に趣味に没頭していました。

趣味は裏切りませんからねぇ(笑)。

楽しいという気持ちだけが残るので、恋愛の面倒な部分がないだけ楽だと思ってしまいます。

趣味は程々がいいですね!

4位:友達と遊んでいる時

20代前半はそう思っていました。

でも、元々友達が少ないというのもあって、後半になってくると遊ぶ人も減りました。

5位:友達の結婚生活のグチを聞いた時

有難いことに、私の友達はグチを言う人がいません。

多少のいざこざがあっても、友達にグチを言うほどのことではないのでしょうね。

だから、これで結婚が嫌になったということは一度もありませんでした。

6位:仕事が楽しい時

仕事は趣味の為にやっていると言っても過言ではないので、仕事そのものが楽しいと感じていたことはありませんでした。

仕事に没頭したら、結婚なんてなかなか考えられないでしょうね。

7位:散財している時

自分の為だけに沢山お金を使うのは、ある意味精神的におかしくなっているのだろうと思います。

私自身がそうでした。

気を付けた方がいいですよ!

8位:恋人ができてもすぐ別れる時

疲れることはしたくないということでしょうね。

楽しいならいいのですが、それ以外の労力は使いたくないという気持ちはよく分かります。

9位:ペットと触れ合っている時

一人暮らしをしていないので分かりませんが、自分とペットだけの生活ならそうなってしまいそうです。

10位:マンションを買った時

これはある意味自殺行為ですよね?

男性も近付きにくいでしょうに…。

「独身でいいかも」と思っても、多少のあそびは取っておかないといけません。